ストレスが原因で勃起障害になる男性

なんと、いまや男性の80%以上が勃起障害だと言われております。勃起障害はセックス時に十分な勃起ができない、勃起に時間が掛かる、中折れなどが挙げられます。これらの原因として心因性など様々なことが考えられます。当サイトで詳しく見ていきましょう。

勃起障害の主な原因と治療法

勃起障害の主な原因としては肉体的問題と精神的問題の二つが挙げられます。まず肉体的問題については高血圧や糖尿病と言った生活習慣病が多くみられ、一部では前立腺がんが原因となっているようなケースもあります。この肉体的問題によって引き起こされる勃起障害は「器質性勃起障害」と呼ばれるのですが、基本的な治療はその原因を特定し、原因を取り除くことがメインになってきます。高血圧であれば血圧を下げる生活習慣改善や降圧剤の処方、糖尿病であれば同様の治療に加えてインスリン注射が検討されると言ったような形になるでしょう。対して精神的問題によって引き起こされる勃起障害は「心因性勃起障害」と呼ばれています。こちらは少々治療が難しい傾向があり、特に器質性のように不調箇所が第三者から見て理解しづらいというのが問題となっています。そのため基本的にはカウンセリングを行って精神に問題をきたしている要因は何かを特定し、その後抗うつ剤をはじめとする薬の投薬治療を検討していくことになるでしょう。ただ中には一時的なストレスが原因となって勃起障害につながっているケースもありますので、そうした場合は比較的早期に改善が見込めると言えます。またこれら二つとは別に薬剤性、つまり薬剤の副作用によって勃起障害が引き起こされるケースもあるのですが、この場合はその薬剤の服用を中止するか、別の薬剤への切り替えを行うことで治療を行います。勃起障害と一口にいっても原因はさまざまに考えられるものであり、そしてその原因によって必要な治療が異なってきます。ですのでもし「勃起ができなくなった」などの自覚症状が出たのであれば、早めに医療機関で診察と治療を受けるようにしましょう。

勃起障害になったらまずはED治療薬を使う

ED治療薬を使うことによって勃起障害を改善できる可能性があります。勃起障害になる原因は様々ありますが、よくある原因とされているのが血行不良です。勃起をさせる為には海綿体というところに血液を流して勃起をさせるのですが、何らかの原因で血行が悪くなることがあります。そしてそのひとつの原因にPDE5という酵素が挙げられ、この酵素は勃起を鎮める作用を持っています。本来なら勃起をさせる作用と鎮める作用がバランス良く働くのですが、加齢や生活習慣の乱れなどが原因で鎮める作用を持つPDE5の働きばかりが強くなってしまうのです。その為、勃起をさせる働きが弱くなり、完全に勃起をしなくなったり持続しなくなるといった状態に陥ります。治療薬の作用は問題になっているPDE5を阻害するのが特徴です。つまり勃起を抑制する作用を弱めることができますので、男性機能が正常に働き易くなります。このような作用を持っているのがED治療薬であり、画期的な治療薬として世界中で利用されているのです。ED治療薬を手に入れる為には病院へ行くほか、個人輸入を代行してくれる業者を利用して買うことも可能です。個人輸入は外国語ができないとハードルが高いですが、こうした代行業者を利用すれば日本語で買うことができます。普通の通販のように支払いもできますので簡単に入手することが可能です。なお個人輸入で買う場合は病院よりもリーズナブルに手に入れられるという良さもあります。安く販売されていることが殆どですから安価に買いたい時に役立つはずです。また、病院では扱っていないことがあるジェネリック品についても販売されていますので、いくつかの種類から選択することも可能です。おすすめのED治療薬は即効性が特徴のレビトラです。いざ本番という時、直前に飲めば約15分ほどで効果が現れ始めますので飲むタイミングも気にしなくてもよいのです。しかも食事の影響も受けにくいので、飲む前の食事などにも気を遣わなくてよいのです。ED治療薬を使うなら、初めてでも使いやすいレビトラで勃起力を上げましょう。レビトラのようなED治療薬なら病院などへ行かなくても通販で簡単に手に入れられますので、周りにもバレずにこっそり治療できるのも助かりますよね。勃起障害に悩んでいる方は一度購入して試してみてはいかがですか?

勃起障害になりセックスレスになる比率

勃起障害になるとセックスレスのリスクが高くなるのは間違いありません。セックスが失敗するとわかっていれば、男性なら避けたくなるのも当然の心理でしょう。肝心なときに勃起しない、挿入しても萎えてしまう、という状況ならば無理もありません。セックスレスに明確な定義はありませんが、夫婦がセックスの頻度が少ないと感じればセックスレスだと考えることができます。40代の男性の場合は、30%以上の比率でセックスレスを感じていると言います。この原因には勃起障害もあるでしょうが、性生活のマンネリも関係しています。性生活がパターン化してくると、若いころのようなドキドキ感がなくなってくるのです。男性が勃起するときは性的興奮を覚えたときです。ED治療薬を服用すれば即座に勃起すると考えている方は多いですが、服用するだけでは勃起しません。あくまで性的興奮がある状態が前提となります。性的興奮があるけど勃起しない状態で、ED治療薬が役立つのです。興奮が減退している場合は、パートナーと話し合って解決策を考えていきましょう。新しいプレイに挑戦してみるのもいいでしょう。アダルト本を購入するのが恥ずかしい方は、ネットで情報収集をしてもいいのです。革新的なプレイに挑戦すれば、性的興奮が甦ることは多いものです。興奮はあるけど勃起しないなら、ED治療薬を飲んで改善させるべきです。セックスレスの状態が長く継続するのは好ましくありません。パートナーとの関係が冷め切ってしまえば、元に戻すのは容易ではありません。冷める前に対策をする必要があるため、医療機関で勃起不全の検査を受けてみましょう。原因がわかることで対策も見えてきます。適切な治療薬の処方や生活アドバイスなどもしてくれます。

■彼が勃起障害で満足できないならこちらを使ってみましょう
ラブグラ